タイにあるBumrungradの病院

タイの国内に存在するBumrungradという病院は、医療環境の点で思い浮かべる事のできる有名な病院です。
1980年の当初に創設された病院は、200棟の病院のベッドを設置されたが、1997年には多くの診療科目が適用される形として病院が創設されたのです。
現在において、入院するためのベッドの数も増設されていて、外来のクリニックとしては世界で最大のクリニックであって、東南アジアでは最大です。
Bumrungradの病院の特徴として、最先端の医療機器を完備していて、カルテやレントゲンの画像も電子化されていることです。
患者に対応している言語は、多くあって、病院の施設の内部には国際のレストランがあるのが特徴です。
心臓のカテーテルの手術の技術が高度である事が特徴で、心臓病の手術室を多く置いています。
心臓の疾患における手術の対応に重点を置いています。
患者の数が大規模のである事が特徴であって、患者の数の半分は海外からくる患者です。