ソーラー発電を普及させている第二電力

原子力発電所のほとんどが今も停止しているせいで、電力不足はまだ続いています。
今後これらの原発が少しずつ再稼働されることが予定されているようですが、まだまだ電力不足が解消されるとは言えない状況が続くでしょう。
震災後、火力発電所への依存が強くなっているのですが、石油や石炭や天然ガスを使用するせいで、大量の二酸化炭素ガスなどを排出しています。
このままでは地球温暖化をますます加速化させることになりそうです。
そこで、自然エネルギーを利用した電力を作り出そうという気運がますます大きくなってきています。
行政だけでなく、民間の企業も、この再生可能エネルギーの利用を推進しようとしているようです。
そのなかでも、太陽光発電が、現在もっとも注目を集めています。
第二電力は、小規模分散型のソーラー発電を普及させようとしている会社です。
この会社に依頼すると、設置費やメンテナンス費などは無料なのですが、空いている敷地や屋根などを貸すだけで、総売電量の5パーセントを受け取ることができます。
第二電力のおかげで、ソーラー発電がますます広まり、電力供給が増えることになりそうです。