重要な情報はファイルセキュリティで守れます

何か重要なデータや書類を送信しないといけないとき、送信途中で誰かに中身を見られないか不安ですよね。
そんな時は、ファイルセキュリティを利用して情報を守ります。
一般的には、ファイルにパスワードを付けて送信します。
そうすれば、送信途中でもパスワードを知らない人間は閲覧することができないので、安心です。
しかし、これには欠点があります。
それは、ファイルを開ける側にパスワードを通知しないといけないことです。
ですので、もちろんパスワードを通知します。
ところが、ファイルを受け取った側が開封し、そのままパスワードと一緒に転送してしまったらどうなるでしょう?パスワードが不特定多数に知れてしまえば、パスワードの意味はありません。
結果、重要な内容がネット上に公開されてしまう危険があるのです。
その危険を払拭したのが「FinalCode」です。
こちらのファイルセキュリティにはパスワードはありません。
では、どのように情報を守るのでしょうか。
パスワードを知っていたら誰でも見られるようにするのではなく、こちらが許可した送信先しか開けることができないという制限をかけているのです。
送付後の操作や開封の履歴もわかるので送った後にどのように書類が管理されているのかもわかります。
新しくて、安全性の高いファイルセキュリティとして今、注目を集めています。
http://www.finalcode.jp/about/advantage/