育毛シャンプーで頭皮の血行を促進

一般的なシャンプーと育毛シャンプーの違いには、「頭皮の血行促進効果」の有無があります。
前者は頭皮の汚れを落とすことに着目していますから、洗浄力は強力となっています。
頭皮環境の改善ではなく、汚れ落としが目的であり、例えるならば通常の石鹸です。
後者は育毛環境の改善が目的であり、洗浄力は弱めになっており、そのぶん育毛成分や血行促進成分を配合しているのです。
例えるならば洗顔石鹸に該当するでしょう。
洗浄力を弱くする理由は、頭皮の健康を考慮しているからです。
抜け毛・薄毛がひどい状態は、すでに健康な頭皮とはいえず、強力な洗浄力がダメージとなって状態を悪化させます。
そのため、適度な洗浄力に抑えているわけです。
育毛シャンプーの効果として見逃せないのは、「血行促進効果」なのです。
効果を語ることができるのは、単なる化粧品ではなく、医薬部外品に該当しているからです。
これが通常のシャンプーとの最大の違いなのです。
血行を促進すると、血液の流れがいきおいよく全身に行き渡るようになります。
頭皮にも新鮮な血液がめぐりますから、血液を介して栄養をたっぷりと与えることができます。
この栄養が髪の毛を成長させるのです。
血行が悪い状態とは、栄養の吸収力が悪くなっている状態だと言っていいでしょう。
食事やサプリメントから摂取した育毛成分があまり役にたたずに排出されてしまうのです。
育毛の専門家は、「冷え性の人には薄毛が多い」と言います。
これは、冷えが血流を悪くしてしまうからであり、低体温の方も該当します。
育毛シャンプーで頭皮ケアをするならば、同時に冷えを取る習慣も必須となるわけです。
具体的な方法としては、半身浴をして体をゆっくりと温めることです。
ポピュラーな入浴法である全身浴は、体の芯まで温まる前に熱くなってしまいます。
「のぼせ」という状態ですが、体の芯までは温浴効果が及んでいないのです。
のぼせずに体を温める半身浴は、冷え取りに最適な入浴法なのです。