チャンスは不動産担保ローンで掴めるかも

貸金業務主任者登録制度をご存知でしょうか?
不動産担保ローンの会社も例外ではありません。
貸金業法の管理下に置かれるので、担当者は全員、貸金業務主任者という資格を持っていなければなりません。
これから担保ローンを組む際の、ひとつの目安が、担当者の資格なのです。
我々一般庶民にとって、一番なじみのある不動産担保ローンは遺産相続による土地の取得があります。
一人で全部それを相続する場合にはまったく問題はありません。
問題は私のように相続人が複数にわたる場合なのです。
二分割、三分割、四分割のような話しは、1000坪くらいの広大な敷地には適用できます。
庶民の相続では100坪止まりではないでしょうか。
その狭い土地を複数の相続人で分け合うのは、ある面で至難の業なのです。
日本保証の担当者に相談してみませんか?
担当者全員が、貸金業務主任者の資格を持っています。
分割相続に関連する不動産担保ローンだってお手の物だという評判です。
一人であれこれ悩むより、プロの日本保証さんに相談するのが良いのです。
それでチャンスが掴めるかも知れませんね。詳しくはこちら