レイリスアンドカンパニーの社名の由来

投資用不動産の売買や不動産の活用を提案を行っているレイリスアンドカンパニーをご存知でしょうか。
東京・渋谷区におしゃれなオフィスがあり、不動産関連の事業を手広く行っています。
ところで、レイリスの社名には、どのような思いが込められているのでしょうか。
どんな名前でも、そこには名付けた方の意思が反映しています。
レイリスアンドカンパニーのReilisは、realestate、investment、listの頭文字をつなげた造語です。
realestateは不動産、investmentは投資、そしてlistは上場です。
つまり、不動産投資によって上場するカンパニーという意味になります。
カンパニーは仲間という意味があります。
これは、社長と社員が協力して上場を目指そうという気概が感じられる名前ではありませんか。
これからも、レイリスアンドカンパニーは、今までにないさまざまな事業を展開していく予定だそうです。
その活躍を見ると、上場はそれほど遠い将来ではないかもしれません。